index <<< VIR.0035>>>
 
 

2004年のアジア選手権において最強ダブルフォワード(ペア李佳鴻)を披露し、ソフトテニス界を震撼させたあと、膝の故障もあって、なりをひそめていた感のある劉家綸。しかし2007年10月の台湾全國運動会でのミックスダブルス優勝(ペア周秋萍)を皮切りに、2月の熊本インドア(ペア林朝章)では全日本チャンピオンの菅野・佐々木を翻弄し、準優勝、そして3月中山盃では王俊彦・葉佳霖、楊勝發・李佳鴻を連破し優勝、と復活してきた。

 彼は先の全國運動会の直後より北京での長期留学生活をスタートさせており、コンディションが気になるところだったが、驚くことに全國運動会よりも熊本インドアが、その熊本インドアよりも中山盃の方が調子がいい。いや単に調子いいのでなく、順調に仕上がっていっている風である。それもそのはず、北京では中国ナショナルチーム員と同宿し、練習も充分なのである!(なんと、彼は先頃行なわれた、中国(大陸)国体にも出場し、ダブルス(ペア熊俊)と団体戦に優勝、ジャンテイン(2006ドーハアジア五輪シングルスファイナリスト)と組んだミックスに準優勝している)

 現在、台湾ではアジア選手権の予備予選でもあるランキング戦が進行中であるが、彼はその度に北京から遠征し参戦。上位にピタッとつけアジア選手権代表を虎視眈々と狙っている。4年ぶりの代表復帰なるか!?目が離せない。

 さて動画。このプレーは凄い、もの凄い!よって解説不能である。理屈ではないのである。

 王俊彦の強烈なストレートアタック(セカンドリターン)を完璧にブロックしたもの。王のストレートアタックの物凄さは以前に書いた。その2連発をブロックし、結局、逆ポイント。台湾前衛のディフェンス能力の高さ、優秀さ、は何度も触れてきたが、それをものの見事にとらえた一瞬である。

 それにしても、このディフェンス能力の高さはどこからくるのか?やはり、あの固くて速い台湾ボールで育ったからだろうか?そう質問してたこともある。腑に落ちない表情ながら「そうかもしれないね」といっていたことを思い出す。

 ボールへのタッチも凄い。結局はタッチプレーだな、といいたくなるような微妙なタッチでボールをコートへおさめている。フォロースルーを全くといってほどとらず、それどころか引いていて、ボールの勢いを殺しているわけだが、その一瞬の判断が生死をわけるのである。教科書通りにフォローをとり、当然の結果として、コート外にボールをほうり出し(!)、首をかしげるプレーヤーのなんとおおいことか!

 一本目を止めたあとの準備動作の早さも模範的で、それが2本目の成功に直結している(2本目はヤマをはったふうでもある)。まさに極限の状況ながら、とにかくボールに目をつけていこうという点もおおいに注目してほしい。(BY TOSHI)

画像はすべて2008中山盃国際大会より(於台湾台中市中興網球場)
 
1 2 3 4 5 6
 
7 8 9      
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 32 33
34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45
46 47 48 49 50 51
52 53 554 55 56 57
58 59 60
61 62 63