soft-tennis.org SERACH
www SERACH

 

 

コンチネンタルグリップ(Continental grip)
カ行 こ
読み方 こんちねんたるぐりっぷ

 

pic01
pic02
pic03

 サービスやスマッシュ等のオーヴァ−ヘッドストロークで使用されるグリップ。

 古くはイングリッシュグリップといわれた。ユニバーサルグリップとの別称もある。

「チルデンのベターテニス」にはイースタンサービスグリップなる名前も登場する。

 ローンテニス発祥直後にイギリス(イングリッシュ)で開発され、ヨーロッパ(コンチネンタル--旧大陸の意)に伝播した。すべてのプレーをワングリップで一応こなすことができる。が高速化した現在のテニス界においてはグラウンドストロークにこのグリップを用いている選手はほとんどいない。オーヴァーヘッドストロークとボレーでは現在でも標準グリップとされる。

 一方、ソフトテニスでは現在、過去を問わず、グラウンドストロークにおいてこのグリップを常用したプレーヤーはほとんどいない。ボレーもしかり。オーヴァーヘッドにおいてはかなりのプレーヤーがこのグリップをもちている。

pic02にはイスラエルのATP選手レヴイのコンチネンタルでのサービス。多少バックハンドより。

pic03には韓国の劉永東のコンチネンタルでのサービス。こちらは若干フォアハンドよりかも。

このグリップ(握り方)のことをイースタンと誤って認識している例がソフトテニスではとてもおおい。注意すること(イースタンの項をみよ

コンチネンタルについてのさらに詳しく!!(クリック)

 

 
 
|
|